/brattle1954937.html,フォトスタジオオーバーヘッドブームアームトップライトスタンドwithipヘッドにアップソフトボックス,家電&カメラ , カメラ , スタジオ撮影機材,harris-pr.com,839円,TISHITA /brattle1954937.html,フォトスタジオオーバーヘッドブームアームトップライトスタンドwithipヘッドにアップソフトボックス,家電&カメラ , カメラ , スタジオ撮影機材,harris-pr.com,839円,TISHITA TISHITA メーカー公式ショップ フォトスタジオオーバーヘッドブームアームトップライトスタンドwithipヘッドにアップソフトボックス TISHITA メーカー公式ショップ フォトスタジオオーバーヘッドブームアームトップライトスタンドwithipヘッドにアップソフトボックス 839円 TISHITA フォトスタジオオーバーヘッドブームアームトップライトスタンドwithipヘッドにアップソフトボックス 家電&カメラ カメラ スタジオ撮影機材 839円 TISHITA フォトスタジオオーバーヘッドブームアームトップライトスタンドwithipヘッドにアップソフトボックス 家電&カメラ カメラ スタジオ撮影機材

毎日がバーゲンセール TISHITA メーカー公式ショップ フォトスタジオオーバーヘッドブームアームトップライトスタンドwithipヘッドにアップソフトボックス

TISHITA フォトスタジオオーバーヘッドブームアームトップライトスタンドwithipヘッドにアップソフトボックス

839円

TISHITA フォトスタジオオーバーヘッドブームアームトップライトスタンドwithipヘッドにアップソフトボックス

商品の説明

説明:

- ブームアームはスタジオで使用され、撮りたい被写体やシーンに光の撮影を一時停止します。
- あなたの照明、ソフトボックス、傘の選択肢と組み合わせると、ほとんどのタイプのライトを保持するのに十分な強度になりますが、1.5kg以上をサポートするためにアームを使用することはお勧めしません。
- 75cmから140cmまでの2つのセクションを持つブームアーム。
- 異なるスタンドに合うように両側に4つの異なるサイズの穴を固定します。
- ナットは、異なる角度でライトをサスペンドするために回転させることができます。サンドバックフックとライトの重量に対してウェイトを提供します。

仕様:

- 材質:アルミ合金+ ABS
- ライトブームアーム最小長さ:27.55インチ/ 70センチメートル
- ライトブームアーム最大長:5インチ/ 140センチ
- 穴径:31,24,20,17mm

パッケージに含まれるもの:

1ピースライトホールドアーム
1ピースブームアームナット
1ピースウェイトバッグ(サンドバッグ)

TISHITA フォトスタジオオーバーヘッドブームアームトップライトスタンドwithipヘッドにアップソフトボックス

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »